インターネットいろいろ情報局

トップページ > ナースリー > ナースシューズの選び方

ナースシューズの選び方

ナースシューズの選び方
 





<タイプ別の良い所、悪い所>
通気性はいいんですが・・・

サンダルタイプは、脱着が容易で通気性もありますが、つま先が開いているため、つま先を傷つけやすい欠点があります。足の保護には向いていません。

履きやすいが、靴の中で足が固定されない・・

パンプスタイプなどは脱着が容易ですが、紐靴のように甲で足を止める部分がなく、足先を締め付けて履くため、長時間歩くときには不向きです。特に、寸法や形がぴったり足に合っていないものは、足の変形を招くおそれもあります。


<ホールドされることにより足と靴の一体感が生まれる>

紐靴やマジックタイプの靴は、脱着がしにくい点がありますが、紐(マジック)で調節し、靴の中で足を固定できるため、足が前に滑らず、つま先を締め付けません。また足全体を覆っているため、足の保護にも向いています。 人それぞれ好みや足の形が違うため、一概には言えませんが、紐靴(マジック)タイプのような甲の深いものが良いと思われます。

ここで気になるのがムレ・臭い。実際ムレ・臭いが原因で通気性の良いサンダルや、露出の多い靴になりがちです。疲れない靴だと解っていても履きたくないというのが現状です。

しかし、通気性の良いデザインや、中敷が取り外し可能で洗濯の出来る靴も多数あります。ほんの少し足の負担を軽減することによって疲労度はかなり違ってきますのでおすすめいたします。

QRコード

このサイトは携帯にも対応しています。

RSS

Powered by CSM2